法人向け塗装工事・防水工事の鴨川塗装・静岡県・浜松市

ROOF COATINGS & CONSTRUCTION屋根塗装・工事

波形ストレート屋根の改修工事

photo

波形ストレート屋根の改修工事を検討する前に。
波形ストレートの改修工事をいざ行うとなった時、「どのような点に注意して、どのような工法を選んだら良いか」なかなかわからないものです。 そんな時に参考になる、お役立ち情報をまとめました。
葺き替え工法 カバー工法 塗装工法
施工方法
施工方法 既存の古くなった屋根を「撤去」して新たに新品を設置 既存の屋根は「そのまま」でその上に新品を設置 既存の屋根は「そのまま」で塗料で保護コーティングを行う
メリット
メリット
  • ◎ 新品になることにより防水の確実性が高い
  • ◎ 産廃の発生が少ない
  • ◎ 比較的工期間が短い
  • ◎ 加重がかからない(新耐震基準をクリア)廃を出さず、塗料選定によっては防水・遮熱・高耐久の効果が得られる
デメリット
デメリット
  • ◎ アスベストが飛散
  • ◎ 産廃の発生
  • ◎ 施行中、一時的に屋根がなくなるので雨が室内に入る可能性大
  • ◎ 騒音、振動が起こる
  • ◎ 価格が高い
  • ◎ 加重がかかる
  • ◎ 騒音、振動
  • ◎ 建築基準法令の規定に則り確認申請が必要になる
  • ◎ 価格は葺き替えよりは安い
  • ◎ 工期が転機に影響される
  • ◎ 安価な塗料を使用すると長持ちしない
建物内部への影響
建物内部への
影響
施行中、雨が室内に入る可 能性大。施行中は建物使用 をストップ。 工事中の騒音・振動 特に無し
遮熱効果(光熱費削減)
遮熱効果
(光熱費削減)
無し 有り(工法により様々) 有り
(塗料の種類により様々)
コスト
コスト
高 い
産廃処理費 + 波形ストレ ート・折板 + 施工費
普 通
波形ストレート・折板 +施工費
(しかし、申請が必要で施工が できない場合も!)
塗料選定で価格が変わる
塗料材料費 + 施工費

「カバー工法の落とし穴」にはまらないために!

既存の屋根を撤去する(産廃を出す)ことなく、比較的工期も短いカバー工法ですが、以下の2点に十分な注意が必要です。

注意1

床面積の合計が百平方メートルを超える増築をする場合、着工前にその計画が建築基準関係規定に適合するものであることについて、 確認の申請書を提出して建築主事の確認を受け、確認済証の交付を受けなければならない。 ※ 建築基準法 第6条 引用

注意2

1981年6月以降着工の建物に定められた新耐震基準(震度6強〜7程度の揺れでも倒壊しないような耐震基準)をクリアしなければなりません。

  • ※ 国土交通省は、2009年9月から既存不適格建築物の増築に関する基準を緩和しました。
    緩和の対象は、増改築部分の床面積が既存部分の2分の1以下のもの。
    1981年施工の新耐震基準に適合している建築物は、既存建築物と増改築部分とを構造上分離すれば、耐震診断が不用になる。
  • ※ 建築基準法 第6条 引用
以上の2点にしっかり対応すれば重大な問題にはなりません。
建築基準法違反の建築物であれば、建築基準法が認める合法的な建物への計画が求められ、違法部分の撤去、改修を行うことになります。もちろんその改善命令に従わない場合は建物強制撤去ということになります。また確認申請書はすくなくとも着工までに提出していないと受け付けてくれません。さらには確認済証は再発行は絶対にされませんので紛失すると大変です。

astec

塗装工法について

雨漏り・経費削減・長持ち、アステックペイント塗料で「アスベスト&雨漏り対策」

メリット1メリット1

雨漏りもシャットアウト!
伸び縮みする性質により、建物の動きやひび割れに塗膜が追随し、水が侵入する隙間を作りません。

photo

メリット2メリット2

洗浄なしで塗装可能だから
雨漏りもシャットアウト!

メリット3メリット3

超耐久性で10年後の改修費用を
20~30%削減可能!

メリット4メリット4

遮熱性能で光熱費削減!
室内温度3~5度低下

メリット5メリット5

ストレート撤去による
産廃処分量が不用!

改修工事をご検討する前にやっておきたい「お試し4点パック」

現状完全把握のためのビデオ診断
現状完全把握のための
ビデオ診断
診断報告書制作
改修工事ご検討社内会議のための劣化亜書診断報告書制作
雨漏り箇所1カ所無料試験施工
塗装防水機能を確認するための雨漏り箇所1カ所無料試験施工
試験施工およびシミュレーション
光熱費期待削減量把握のための試験施工およびシミュレーション

屋根塗装・工事の施工例屋根塗装・工事の施工例